多様な 三脚 ハンドグリップ フローティング スポーツ 4K防水カメラカム コンパクトアクション OSMO Huaye PGYTECH ミニ OSMO DJI その他カメラアクセサリー
多様な 三脚 ハンドグリップ フローティング スポーツ 4K防水カメラカム コンパクトアクション OSMO Huaye PGYTECH ミニ OSMO DJI その他カメラアクセサリー
nagomi-iori/ys0000021317186425-16802-OPY
5,868円 10,280円
PGYTECH Huaye OSMO Compact Action 4K Waterproof Camera Cam Sports Floating Hand Grip Tripod Mini Compatible with DJI OSMO Action Camera Accessories , Amazon.com : PGYTECH Huaye OSMO Compact Action 4K Waterproof , Osmo Action - DJI, Osmo Action - DJI, Osmo Action - DJI, DJI Osmo Action Screen Protector - DYKEISS 2.5D - Amazon.com, 【中古】【輸入品・未使用未開封】PGYTECH Huaye OSMO コンパクトアクション 4K防水カメラカム スポーツ フローティング ハンドグリップ 三脚 ミニ DJI OSMO アクションカメラアク | アトリエ絵利奈

商品名PGYTECH Huaye OSMO コンパクトアクション 4K防水カメラカム スポーツ フローティング ハンドグリップ 三脚 ミニ DJI OSMO アクションカメラアクセサリー
ブランド名PGYTECH
商品コメント

●受注後、米国倉庫から日本に取寄せ、検品後にお届けさせていただきます。その際に、改めて発送と追跡番号をご案内します。
●こちらの商品はお届けまでに2-3週間程お時間を頂いておりますので、お客様のご希望される日に届かない場合があります。
●週末や大型連休、悪天候などの航空状況や通関手続き·配送スケジュールにより遅延することがございます。
●ご注文後は迅速にお取り寄せさせて頂く為、発注後のキャンセルはお断りさせて頂いております。また多少の日程前後など、遅延理由によるご注文のキャンセルはお断りさせて頂いております。予めご了承ください。
●時期により仕様変更があり、商品が予告なしに本ページ掲載写真と異なる場合もございますので参考画像としてご検討ください。カメラやモニターの性質により、画像と実物の色の違いがある場合がございますのでご理解願います。
●在庫確認やご質問は 、「この商品について質問する」よりお願い致します。
●米国倉庫での在庫切れ·検品落ちで商品をお取り寄せ出来ない場合、当店からキャンセルまたは代替品をご提案させて頂くことがあります。
●通関時に検査の為開封されることがあります。また海外からの輸送のため、外箱に多少の痛みが生じる場合もございますが、中身に問題はございません。ギフト·コレクションには不向きな場合があります。

海外 直輸入 オススメ セレクト ブランド 今季 トレンド 人気 流行 商品 レア定番 限定 セレブ愛用 有名ブロガー ブログ掲載商品 インスタ インスタグラム Instagram フェイスブック Facebook Twitter ツイッター 海外セレクション

PGYTECH Huaye OSMO Compact Action 4K Waterproof Camera Cam Sports Floating  Hand Grip Tripod Mini Compatible with DJI OSMO Action Camera Accessories
Amazon.com : PGYTECH Huaye OSMO Compact Action 4K Waterproof
Osmo Action - DJI
Osmo Action - DJI
Osmo Action - DJI
DJI Osmo Action Screen Protector - DYKEISS 2.5D  - Amazon.com
【中古】【輸入品・未使用未開封】PGYTECH Huaye OSMO コンパクトアクション 4K防水カメラカム スポーツ フローティング  ハンドグリップ 三脚 ミニ DJI OSMO アクションカメラアク | アトリエ絵利奈

多様な 三脚 ハンドグリップ フローティング スポーツ 4K防水カメラカム コンパクトアクション OSMO Huaye PGYTECH ミニ OSMO DJI その他カメラアクセサリー

Ubisoftの『Rainbow Six Siege()』ではイヤー6シーズン2「オペレーション・ノーススター」が進行中。一方で、競技シーンで活躍する強豪チームDarkZeroには現在、同チームをモチーフにした有料の武器スキンが他人のイラストの盗作ではないかという疑惑が寄せられており、オーナーが説明をする自体となっています。

Roland SP404

シージのeスポーツ競技シーンでは現在も多くのプロチームが活躍していますが、その中でも特に優れたパフォーマンスを発揮しているチームには、独自の武器スキンが製作され、ゲーム内ショップで販売されるのが昨今の恒例となっています。

「R6 SHARE」プログラムに組み込まれたこれらプロチームのアイテムは、収益の一部がそのチームに分配される仕組みで、6月23日には夏期リーグ「ステージ2」の開幕に合わせて新たなアイテムがショップに登場しています。

そんな中、オーストラリアのプロeスポーツチームFNATICに所属するBikiniBodhiが、気になるツイートをしています。

彼によると、北米のプロチームの名義で現在も販売されているARX200用武器スキンが、既存のイラストに酷似しているとのこと。比較対象は中国人イラストレーター千夜QYS3さんがテラル シロッコファンCLF6-NO.2.5-TH-R-OB-D( 0.4kW) 60Hzで、Bikiniの比較画像では、確かに女の子が刀を担いでいる構図にいわゆるトレース疑惑が見られるようです。

2枚のイラストを重ねた画像

プロチーム武器スキンは、詳細な製作工程こそ明かされていませんが、DarkZeroに関しては2020年のスキンでもその個性的なデザインが話題になったことから、チーム側も少なからずデザインに関与していることがうかがえます。

VALORANT部門でも盗作か

DarkZeroに関しては、シージ部門の件の数日前から、VALORANT部門の盗作疑惑が浮上していました。6月25日に新設されたばかりのVALORANT部門は、豪華なイラストつきでそのデビューが祝福されていましたが、このとき使用されたイラストにも盗作の疑惑があるようです。

モンジュ様専用 ドールチャーム3点のイラストをそのまま無断転用したと見られ、比較結果はシージ部門の件よりも明確のようです。ツイートをしたSol/林氏も「仕事でトレースをすること自体はともかく、しっかり引用元のクレジットをつけろ」といった苦言を呈しています。

オーナーによるメッセージ

DarkZeroのCEOであるZach氏は既にこの件を認知しており、シージの武器スキンをめぐる疑惑が明るみに出た数時間後、自らのツイッターにメッセージ動画を投稿しています。

Zach氏によると、DZから最近リリースされたアート作品をめぐる問題については同団体も深刻に受け止めており、まず「コミュニティのイラストはクレジットを付与するなどの形で適切に扱われるべきである」という立場を明確にしています。

今回の件については、まだ判明から時間が経っていないこともあり、現在は調査中で、団体としての対応については後日発表するHERMES・エルメス・アミュレット4・ブレスレット・シルバー色

DarkZero2021武器スキン

北米で着実にファンベースを広げつつあったDarkZeroですが、ここへ来て思いがけない形でeスポーツコミュニティの話題となってしまいました。なおシージのプロチーム武器スキンは、Ubisoftの定める条件からチームが外れた場合、ゲーム内ショップから削除されることがBBM 中村晃 福岡ソフトバンクホークス 直筆サイン 2枚セットからも明らかになっています。リリースされたばかりの2021年のDarkZeroスキンも、果たして新たな幻のアイテムとなってしまうのでしょうか。

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    野良連カオスに続くレアスキンになりそうや

  2. By 匿名

    てかそもそも前回も今回もアイディア自体CSのスキンのパクリなんやから。そういうとこの考え甘いのかもね。

  3. ありきたりなポーズだと思ったけど・・・トレースのほうかぁ
    しかも前科持ちとなるとクロだな

  4. 線が被ってるじゃん
    過去の無断転載なければ気づかれなかったレベルではあるけど

  5. 過去の事例…あ、

  6. すげーよくある構図で草
    本気でこのポーズの起源主張してんのか

コメントする

*